てっちゃんのパンガシナン日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Mother TERESAの施設

<<   作成日時 : 2006/08/26 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像NGOのスタディツアーにまた便乗して、Mother TERESA系が運営するPease of house Missionaries of charity に行ってきました。隣街のダグパンにある噂は知っていましたが、伺う機会がありませんでした。世界的な組織で、フィリピンでもあちこちに施設があり、活動しているそうです。
もちろん修道女が活動しているのですが、ボランティアの学生やCaregiver courseの学生がOJTとして来ていました。
子供達の相手を、と言われて、相手をしに行くと、病気や障害のある子供達この施設は身寄りが無かったりする子供を預かるとともに、病気や障害のある子供(赤子もたくさんいます。)を預かっています。また子供と同時に大人も生活しています。
初めての経験なので最初は戸惑いましたが、同じ子供なんですね。すぐに なついてくる。たくさんの子供が寄ってきて、あっという間に疲れました。そしてさらに洗濯の手伝い。もう大量の洗濯物を手洗い。。。疲れた・・・
一昨日や今日の子供と触れ合うときは、タガログを勉強していて良かったと思うときでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mother TERESAの施設 てっちゃんのパンガシナン日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる